最後の家族旅行

去年行った京都旅行が家族みんな揃っての最後の家族旅行になりました。社会人になった頃から兄弟で両親に海外旅行をプレゼントしようと計画を立てていました。還暦のお祝いにという事でまだ年数に余裕がありゆっくりプランを計画中に父の病気が発覚し時間があまりないと焦り急遽京都旅行を計画しました。

その時はまだかろうじて自力で歩けていましたが長時間の移動や観光は体に負担がかかると思い介護タクシーの予約や万が一の時の病院の場所など確認し無理やり決行しました。急なことで皆休みが上手く取れず2泊3日の弾丸旅行みたいになってしまいましたが一度は京都に行きたいと言っていた父の願いはかなえられたと思っています。

有名な清水寺やお抹茶をいたただいたり湯葉を食べたりと定番の事は出来たとは思います。ただ休憩しないと体がきつそうでしたので度々ホテルに戻って休憩を挟みながらの旅行なりました。それでもたくさんの写真を撮ることができ今となっては写真を見ながら思い出話をすることもできます。

旅行に行くこと自体が好きで写真は苦手でしたが後に残せることの大事さを改めて気づかされた旅行になりました。旅行会社の人や航空会社の人、旅先での人達の父に対する親切さにもとても感動した旅行でした。